福岡の不動産鑑定のことならアーバンコンサルティングファームへ

福岡の不動産鑑定のことならアーバンコンサルティングファームへ

トップページ事業案内会社概要報酬基準お問合せリンク
コンサルティング Urban Consulting Firm Co.,Ltd
福岡県知事登録第(2)-252号
不動産鑑定士 福山道和
不動産鑑定士 福山道和
代表者ご挨拶
トップ > コンサルティング
コンサルティング
賃料減額コンサルティング
主に福岡で家賃の減額を検討している法人向けサービスです。
 リーマンショック後の景気低迷の影響により、九州の主要都市においてもオフォスビルの空室率は高止まりしており、最近のテナントビルの経営は大変厳しくなっております。この様な状況でビルオーナーは、テナント獲得のために当初予定していた賃料よりもはるかに低い賃料で募集をしているケースも少なくありません。最も効果的な経費削減として賃料減額の可能性を検討してみませんか?
賃料減額サポートのページへ
相続税対策コンサルティング
主に相続税の申告・還付の際に広大地の意見書を必要としている個人向けのサービスです。
 財産評価基本通達24-4における「広大地」の適用を受けることができれば、最大0.35の補正率、すなわち65%引きとなり、大きく納税額が異なってきます。

 広大地補正率=0.6‐0.05× 地積/1000

 例えば、地積が1000uの場合を想定すると、
 広大地補正率=0.6‐0.05× 1000/1000=0.55、つまり、 評価額が45%引きになります。

 広大地の判定について、資産評価企画官情報(内部通達的情報)によれば「専門家の意見等から判断して」の記述があり、この専門家は不動産鑑定士や不動産業者等を想定した記述と解釈されます。広大地判定意見書は法的に認められた書面ではありませんが、上記の「専門家の意見」を口頭ではなく、書面として発行することで、より広大地判定に説得力を持たせる書面として、実務上、不動産鑑定士により作成されております。

 当社では事前に対象地の関連資料(公図、地積測量図、住宅地図等)をメール・ファックス・郵送でご送付して頂きますと、机上で無料広大地判定を実施し、その結果を踏まえて正式に意見書の作成をご依頼して頂いております。
不動産売買コンサルティング
主に所有不動産の売却を検討している個人・法人向けサービスです。
 当社は、宅地建物取引業の販売・仲介業者ではありませんので、国家資格を有する不動産の専門家として利害関係のない立場で円滑な不動産売買を無料でサポート致します。成約に至った場合には、法定の仲介手数料を不動産業者(仲介会社)にお支払い下さい。お客様から当社への報酬の支払いは一切発生致しません。

(サポートの流れ)
1. 売却予定の不動産を当社が提携する信頼と実績のある不動産業者が無料で査定します。
             ↓
2. 売出価格を当社が提携する不動産業者と相談し、不動産業者と媒介契約を締結します。
             ↓
3. 当社が提携する不動産業者が物件を売り出します。
             ↓
4. 買い希望者と当社が提携する不動産業者を通じて価格の交渉を行います。
             ↓
5. 売却価格が決まりましたら、当社が提携する不動産業者が売買契約書を作成します。
             ↓
6. 物件の引き渡しと売買代金の支払いを行い不動産業者へ法定の仲介手数料を支払います。

 当社が直接価格交渉等を行うことはありませんが、当社所属の不動産鑑定士の管理の下で不動産売却の手続きが進んで行きますので、適正な価格で安心してお取引頂けます。
マンション管理組合コンサルティング
主にマンション管理組合向けのサービスです。
 当社所属のマンション管理士が、快適なマンションライフを維持していくために必要な管理組合の運営や諸設備の維持・管理等について的確な提案をさせて頂き、低料金で管理組合の円滑な運営をサポート致します。
(主な支援業務)
・大規模修繕工事コンサルティング・支援業務
・建物診断及び長期修繕計画作成のサポート業務
・管理規約の改正
・管理費削減(管理コスト削減)
・管理会社の変更